人気ブログランキング |

笠原正夫・気まぐれ日記

mkasakimag.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:絵( 4 )


2015年 11月 11日

新しい絵

前回の絵はやっと描き終わった。ちょっと反省もあるがまぁまぁというところかな。
題名は「山間の集落」前回書いたように大滝にある山の斜面に固まってある巣場という小さな集落。写真では良く見えないかもしれないが絵の真ん中あたりにその集落がある。
最初にその名前を知ったのはある絵描きさんが描いた絵からだった。今からおよそ25年くらい前、荒川に移り住んできていたTさんという方がこの集落の絵を描いていた。面白い地名だなぁと思ってその後私も幾度か行って見たのだがTさんが描いたような風景はすでに新しい家になっていたりして残っていなかった。それでも対岸の国道辺りから見るその集落は何か雰囲気があっていつか絵にしたいと思っていた。
去年の11月末頃に大滝方面へ取材に行った時、ふと思い立って車を止め道から少し上に登って見た。すると丁度巣場の集落が正面に見えて、これなら描けると思ったのだった。
その後下描きをした状態でずっと放置したままになっていたのを今回色付けしたという訳だ。長年の課題がやっと一つクリアできた感じがする。実はもう一枚同時進行で進めている絵があるのだがそれはまだこれから色付け。何とか年内には終わらせたいが、まぁいろいろあってどうなることやら。来年には個展をしたい(しなくては)と思っているのだが、まだ場所も日にちも決まっていない。それを先に決めないといつまで経っても進まないのかも。
勿論秩父でもやるけれど、一度東京方面とかでやりたいという思いもある。とはいえさてその場所も皆目見当がつかない。どなたかいい場所の情報でも教えていただけないだろうか。
c0243221_15333431.jpeg




by masao-kasa | 2015-11-11 15:35 |
2015年 11月 04日

縁側展中止

もういつから更新してないのかも忘れるほど時間が経ってしまった。
もはや誰も見てはくれないだろうとは思いつつ、一つ報告しておかなければいけないと思い書いている。
それは今年の縁側展はやらないということだ。
毎年この時期、11月の初めにやってきた縁側展だけど、今年はやらない事になった。
以前から地元住民の中から「色んなお客が来て接待するのが大変だ」とか「休みを取ってまでやりたくない」とかいろんな不満の声があるのは聞いていた。去年この縁側展を始めた木亭の塚越さんが亡くなったというのも何か関係しているのかと勘ぐってしまうところだが、一番の問題は住民意識だろうと思う。私は絵を置かせてもらう立場だから何とも言えないけれど、やっぱり残念な事ではある。
それでは来年はやるのかと言えばはっきりしたことは判らない。難しいかもしれないなぁ。
毎年今頃は縁側展用に絵を描いたり諸々作業で大忙しなのが普通だったが、今年はそんな訳で忙しい日々では無い。それでも去年の縁側展の後、来年用にと取材をしていて描き始めた絵を進めている。まだ何処でどう人に見せるのかは一切決まっていない。
このブログだけれど、ずっと更新できないでいた大きな理由は、ともかく時間が無いという事。両親が90を過ぎて毎日食事の仕度などをする殆ど主夫になっているが、1日があっという間だ。時間の隙間を見てフェイスブックに写真をアップするのが精一杯。もうこっちは止めようかとも思ったが、一つ新手を見つけたので時々は更新できるかも知れない。
新手というのはタブレット端末を手に入れたのでそこから更新するという手。
これなら手軽に更新できそうな気がする。今回はそれで初めてやってみるのだが、上手くいくかどうか‥多分写真の画質は落ちると思う。どうぞご容赦の程を。
写真の絵は今描きかけの風景。大滝の巣場という山の斜面に固まっている小さな集落とその周辺の紅葉。遠景、中景あたりまでだいたい色を付けたところ。もう数日で仕上がると‥思う。
c0243221_10105048.jpeg



by masao-kasa | 2015-11-04 10:15 |
2014年 11月 10日

今年の縁側展は

今年の贄川宿「秋の縁側展」も昨日終わった。一昨日は晴れから曇り、昨日は曇りから時々雨という天気。今日はその翌日で良く晴れている。今日と昨日を入れ替えたいところだが、こればかりはどうにもならない。
さて今年の縁側展だが、まぁいろいろとありました。
一つは、今年私は住んでいる地区の班長という役員をしているのだけれど、毎年各地域で行っているバスハイクなるものに行かなければならないという事になっていた。しかしその日程が決まってみれば、なんと縁側展の二日目、日曜と同じ日ではないか。これは困った。最初は妻に縁側展の会場に朝夕行って貰って絵の飾り付け片付けをして貰おうかと思ったけれど、最終的には妻が私の代わりに娘を連れてバスハイクへ行ってくれるという事になった。これはこれでなんとかなったのだが…。
もう一つは、1ヶ月前くらいに突然テレビ番組を作っているプロデューサーという人から電話が掛かってきて、日本中の川の番組を作っているのだが、今回荒川の番組を作るという事でいろいろ調べていたら、荒川上流地域で縁側展なるものをやっている、その取材をしたいと言うことで縁側展の責任者のHさんに連絡をしたら私を紹介されたというのだった。なぜ私を?というとその中で誰か荒川の紅葉スポットなどを案内してくれるような人はいませんか?とHさんに聞いたら私を紹介されたというのだった。私は特に紅葉スポットなど知らないし出来るかどうか判りませんと言ったのだが、後日直接会っていろいろ話しをし、私が描いている絵の場所で2,3カ所どこか案内してもらいたいということになり、それではと考えてみたら入川のトロッコ跡のところと贄川宿を見下ろす山の上からは荒川が見えるからいいのではという事で話が決まっていった。入川の奥には荒川の起点碑もあるし。
そんな事になったものだから、しばらく行っていなかった入川と贄川宿の脇の山、それからプロデューサーさんがあそこはどうですか?と言っていた栃本の不動の滝へも事前に下見に行った。
それでそのロケはいつやるのかと思ったら縁側展の初日、土曜にやるという。土曜の朝早く宿へ行って絵を並べ、9時過ぎから撮影。結局夕方まで、山登りをしたり入川のトロッコ跡まで歩いたりした。番組の進行役はグッチ裕三さん。私がその荒川上流のお薦めの所を案内するという形で撮影していった。一番困ったのは、じゃぁここではこんな話を…と振られるのだけれど、こちとらはずぶの素人、うまく言葉が出てこない。グッチさんが「大丈夫、後でいい所をうまくピックアップしてくれるから、気楽にやりましょ」と言ってもらいながら、まぁ緊張の連続攻撃だった。
それにしてもグッチさんはさすが。当たり前と言えばそれまでだけどさすがにプロだなぁと感心することばかり。カメラが回っていないところでも歩きながらいろんな話をしてくれた。時に笑いを織り交ぜながら。
結局自分は何をどう話たのか良く憶えていないのだけれど、ともかく夕方には解放された。緊張したけれどいい経験ではあった。そんな緊張の連続だったので結局グッチさんと一緒の写真はたったの1枚だけ。それもグッチさんが撮ろうかと言ってくれてマネージャーさんに撮ってもらったもの。ブログに使ってもいいと言ってもらったので載せておく。
それと今回、贄川の脇の山の上からの絵を急いで描き直した。絵も番組で使うという話だったので。ま、どんな風になるのか判らないけどね。結局何秒かしか映らなかったりして…(笑。
放送はNHKのBSで12月11日だそうです。ご覧になれる方は見てやって下さい。
c0243221_1405034.jpg

c0243221_13462169.jpg


by masao-kasa | 2014-11-10 13:46 |
2014年 03月 22日

札所絵図2014

 なかなか更新が出来ない。いろいろ忙しい事もあるが、このところ鳥にも出会えないせいもある。大雪以降、なんだか鳥が少ないような気がするなぁ。まぁ散歩もままならないのではあるが。
 今月は下の札所絵図の製作に関わっている時間が多かった。もともとは12年前の御開帳の時、古い絵地図を少し描き直し、その頃やっていたタクシーで札所巡りをしてくれたお客さんに配ったりしていた。関わっている「NPO秩父こみにてい」で、少しでも利益が上がるものが欲しいというので、今回の御開帳に合わせて大幅に描き直しする事に。数日前にやっと印刷が上がって来て少しづつ販売の手配をしているところ。ちなみに小さい方がA3で¥600、大きい方が倍のA2で¥1200也。(額は別)
 今日現在で販売しているところは札所13番の慈眼寺。今宮神社、それに味噌漬けの世界商事。
ご希望があれば私から直販もしますが送料が掛かってしまいますね。ご興味ある方はご相談下さい。
c0243221_17525536.jpg

額に入れるとこんな感じ。
A3は写真店などで売っているA3用の額でマット窓277×400mmに絵が丁度納まるようになっています。
c0243221_17444512.jpg

さて明後日からは数日お出かけ。遠くにいる孫の顔を見たりお伊勢さんに行ったりする予定。
その間の両親の食事の仕度をどうするかでもっか思案中。

by masao-kasa | 2014-03-22 17:48 |