笠原正夫・気まぐれ日記

mkasakimag.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 12日

目医者

c0243221_14523577.jpg

 縁側展終了。1日目の土曜日は良い天気に恵まれたが、2日目の日曜は午前中曇り。午後2時を過ぎたあたりでポツポツと降り始めて夕方終わり間際には本降りになってしまった。1日目は良い天気だったから朝からなかなかの人出になったが昨日の日曜は静かだった。2日間ともいろいろな友人が訪ねてきてくれて、特に1日目はわいわいやっているうちに1日が過ぎた。皆さんありがとうございました。今回やってみて少し考えた事があるので、またそれを目標に頑張ろうと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 昨日、午前中に一緒に展示をしている浜口君(吹きガラス)と話をしていたら、突然左目がおかしくなった。左目の視界の下半分ぐらいが茶色っぽい影で覆われたような状態になってしまったのだ。浜口君に「いっぱい水分を取った方がいい」と言われ、ガンガンお茶を飲んで幾度もトイレに行ったりした。このまま目が見えなくなったら絵も描けなくなってしまう…とか一瞬不安に襲われたが、約3時間くらい経過したらだんだん影が取れてきて、夕方にはだいたい普通の視界に戻った。目の中の血管が少し切れたのかも知れないななどと浜口君とも話をしたが、ともかく目医者さんにちゃんと見てもらおうと、今日、眼科医へ行き瞳を開いて見てもらった。結果は特に今は異常は無いという事で一安心。やはり小さな血管が何かの影響で切れたんだろう。疲れかな?寒さで血圧が急に変わったかな?年齢のせいかこの頃はいろいろな所に異常が起きる。

今日はそんなわけで何もしないで過ごしている。目医者へ行った帰り道、空が晴れてきて里山の紅葉がきれいだった。紅葉前線も里まで下りてきた。明日晴れたら少し写真を撮ってこようと思う。
(写真は家の前のケヤキのてっぺんで鳴くモズ。)
[PR]

by masao-kasa | 2012-11-12 15:17 | 生活


<< 紅葉取材      贄川宿・秋の縁側展 >>