笠原正夫・気まぐれ日記

mkasakimag.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 03日

庭にオオムラサキ

c0243221_16464344.jpg

 この前書いたように火曜日は東京へ行った。当初は娘、妻も一緒にと思っていたら、後で子供は入店不可という事が判り、妻と娘はライブの間、友人Yさんの家へ行く事に…。
 ところが出掛ける直前になって、Yさんのお父上の容体が急変し、救急車で病院に向かっていると言う連絡が入った。Yさんのお父上はもう90歳以上。ずっと透析を受けていた。6月に腸閉塞で緊急入院をしたが、Yさんの努力で家に戻して、Yさんが面倒を見ていた。
 池袋に着く頃になってから、当初の病院から違う病院へ再搬送中という連絡が入った。少し様子を見ることにして、私達はサンシャイン水族館へ。娘の相手をしながらペンギンなどを見て夕方まで過ごし、Yさんが家に戻ったというので、私はライブの行われる店へ、妻と娘はYさんの家へ行った。

 ライブはBlancaさんという人のボーカルと、坂本千恵さんという人のピアノ+α。
 1年と2ヶ月ぶりくらい前、たまたま入ったJAZZの店で、Blancaさんと坂本さんはたまたまライブをやっていた。Blancaさんの歌声はJAZZというよりも少しソウルっぽい歌声で、最初に聞いた時、妻の歌い方に似ているような気がした。(もちろんレベルは違うけれど)何か自分の中ですごくツボにはまるところがあって、いつか又その声を聞きたいものだと思っていたのだが、今の子供や両親の食事を作ったりする私の生活では、なかなか自由に夜出かける事も出来ないからずっと諦めていた、しかし今回はしばらく日本を離れるので、その最後のライブだという話を聞いて、これはなんとかしたいと思ったのだった。
 ライブ終了後しばらくぶりにBlancaさんとも話をした。9月からニューヨークへ行くという。8ヶ月の計画だそうだ。詳しいことは聞けなかったが、もうそれで帰ってこないという事では無いらしい。本場でいろいろな経験をして、もっと歌にも人生にも磨きをかけてきて欲しいものだ。またいつかその声を聞きたいと思う。

 ライブの終わる頃、Yさんから連絡が入り、とてもめずらしいワインを開けたので飲みに来いというのでタクシーで移動。大震災で1度流されたというワインを戴いてから、夜半、妻と娘と池袋のホテルに戻った。翌日、再度Yさんの家へ行き、それからお父さんに会いに行った。お父さんは半分意識が朦朧としているようだったが、私の娘を見たらとても反応して、ずっと娘のことばかり見ている。やはり年寄りには小さい子供は薬なんだろう。
 それから夜になってからレッドに乗って秩父に戻った。会いたかった人、会っておかないといけない人、それぞれに会えて、なんだか自分の節目に出会ったような日々だった。

 上の写真だけれど、今朝、家の周りで蝶の写真などを撮っていたら、突然舞い降りたオオムラサキ。生まれたばかりなのかも知れない、とてもキレイな個体だった。我が家でオオムラサキを見るのは2回目。数年前に1度あったきりだ。少しの間、家の周りをうろうろして飛び去っていった。まるで一瞬の幻を見ているような気分になった。そう、あの1年2ヶ月前に一瞬偶然に出会って、又遠くへ行ってしまう…そんなBlancaさんに少し似ているような気がした。


 
[PR]

by masao-kasa | 2012-08-03 18:37 |


<< お盆      ルリタテハ >>