笠原正夫・気まぐれ日記

mkasakimag.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 06日

ノスリ・カモ

c0243221_938572.jpg

 ここ数日、少し早く起きるようになった。と言っても我が家は普段起きるのが遅いので、一般の人に言わせれば全くお笑いぐさ程度の早起きなのだけれど。
 早起きの理由の一つは妻の店の仕事が例年通りお中元で忙しい時期になったので、2歳になった娘も季節限定の保育園通いを始めることになったからだ。今日はその保育園通いも5日目。最初の3日くらいは行くのをいやがって大変だった。去年も夏と暮れに保育園通いをしたんだけれど、さすがに2歳になると少し知恵も付いてきていろんなことが判ってくるんだろう。出掛ける時に泣き顔の娘を見ているこっちが辛くなってしまう。でも今日はやっと少し慣れてきたのか、泣かないで行ってくれたので一安心した。
 そんなこんなで少し早く起きるようになって、起き抜けに家から外を見ると毎朝のようにノスリが家の前の木に来ているのに気がついた。昨日の朝、カメラを持ってその木の近くへ行きノスリを待ってみた。しかし当然ながらノスリの方は私に気がついて、いつもの所には留まらずに行ってしまった。やっぱり少し距離をおいてネットかなんかで見破られないような形を作らないと無理だな。又良く考えてみよう。写真は昨日の朝私の前を通り過ぎるノスリ。かろうじて写っていた1枚。

 昨日の午後、町からの帰り、ちょっと回り道をして蒔田の田んぼを通ってみたら田んぼの畦道にたくさんのカルガモがいた。2本の畦道にそれぞれ10羽以上。合計20羽以上がいた。何をしているんだろう?こんなにたくさんのカルガモがこの辺りで集まっているのは初めて見た。カルガモは留鳥だから大きな渡りをする鳥では無い。そんな季節でも無いし。カルガモを使って雑草を取る農法もあるようだが、それにしては羽を切ってある風でも無いし周りに囲いも無い。集団引っ越しでもするつもりだったのだろうか?今日もう一度同じ場所を見てこようと思っている。
c0243221_1064541.jpg

c0243221_1065990.jpg

[PR]

by masao-kasa | 2012-07-06 10:09 |


<< セグロセキレイ      日々 >>