笠原正夫・気まぐれ日記

mkasakimag.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 02日

PENTAX645

c0243221_1805897.jpg

 何を血迷ったか、PENTAX645を買ってしまった。厳然たるブローニー版のフィルムカメラである。それも15年以上も昔の中古品だ。去年から、なんだかもう一度フィルムカメラを撮ってみようかという気が起きてしまい、それもできるなら中判と言われるブローニーフィルムを使うカメラが良いなと思っていた。いつの間にか手元にはデジタルしか無くなっていて、すっかり便利にはなったんだけど、何というかポジフィルムのあの抜けの良さというか、色乗りの気持ちの良さがデジタルではなんだか皮1枚くらい足りないような気がずっとしていた。どっちみち大した写真は撮れないのだが、中古カメラのサイトなどを覗いてみたら、発売当初の三分の一くらいの値段で買える事が判り、ついつい手を出してしまったという訳だ。ちなみにこのPENTAX645は発売当初は15万くらいしていたものだが、今回レンズ付きで5万円しなかった。このレンズでは風景くらいしか撮れないけれど、久しぶりの中判の練習にはこのくらいで良いだろう。(若かりし頃、マミヤの6×6、C220というので汽車の写真などを撮っていた事がある。)
 先々週、試し撮りをした。シャッターを切ると、ガシャ、ガー!という大きな音がして、これぞ写真機だ!という気になる。撮ったフィルムをしばらくぶりにカメラ屋に現像を頼んだが、なんと10日以上掛かってしまった。撮ってすぐにパソコンに取り込んで見るというスタイルにすっかり慣れてしまった我が身としてはとてつもなく長く待たされた気分だった。やっと先日出来上がってきたのだが、フィルムを見る限りきちんと撮れていると思う。
c0243221_1813894.jpg

c0243221_183027.jpg

[PR]

by masao-kasa | 2012-03-02 18:03 | カメラ


<< 白鳥      エナガ >>